近年ではサイバー攻撃や情報漏洩などのセキュリティインシデントが全世界で多発しており、このような攻撃対策は企業における重要な課題と言われております。その一方でセキュリティエンジニアのニーズが高まっておりますが、採用や教育が難しくアウトソーシングが必要とされる傾向にあります。

 

情報漏洩検知サービス 概要


本サービスは、企業のファイアウォール・IDS・Webゲートウェイ等のセキュリティ製品から出力されるログを収集し、不審なIPアドレスやポート情報、URLリクエストの通信が発生の検出や、ファイアウォールで行われる不正な通信の遮断の状況の解析を行い、適切なレポーティングと対策についての情報提供を行います。検知をした不審な通信情報を通知するだけではなく、調査後に今後の対策案の提案をおこなう【確認】・【検知】・【対策】の3つを併せ持っていることがサービスの特徴となっております

社内から外部への通信の解析をおこなうことにより、情報漏洩の早期対応、リスク状況の可視化、不審な攻撃からのリスクを低減することが可能となります。

 

情報漏洩検知サービス 詳細


 

 

■対象ログ

ファイアウォール・IDS・Webゲートウェイ等のセキュリティ製品が出力するログが対象。
※セキュリティ製品の種類によっては、解析に要する日数が変動する場合がありますので詳細につきましてはお問い合わせください。

 

■レポート作成・月次報告会の実施

現状のリスク と 今後、想定されるリスク 等を可視化するために、セキュリティレポートとして解析の内容、検知情報、対応策などの詳細を報告致します。また、月次での解析報告を元に、サイバーセキュリティに精通したエンジニアがお客様のもとに訪問させていただき、解析報告の内容のご説明、対策案のご提示、その他サイバーセキュリティトレンドや業界別の攻撃情報をご紹介いたします。

 

お客様にご対応いただく内容


翌営業日に解析する対象ログについて、所定の方法でご提供いただきます。
※サービスインまでの準備期間に、弊社エンジニアが現状のログの出力フォーマット等を確認いたします。ログに過不足があれば、ログ解析に最適化した設定に変更していただく場合があります。

 

【ログの取得方法について】
お客様からご提供いただくログについては、下記方法を前提といたしております。お客様での対応が難しい場合は、お気軽にご相談ください。

※本サービスご契約にあたって、お客様と弊社との間で秘密保持契約を締結いたします。ご提供いただいたログは、秘密保持契約に基づき、弊社内のセキュアで厳重な環境で保管し、契約で定められた期間を経過後に抹消いたします。

 

他社サービスとの違い


本サービスはお客様の環境で導入済みの製品が出力するログが対象となり、新たにログ管理サーバ等を設置していただく必要がないため、ご契約からサービスインまでスムーズに移行していただけます。導入していない場合につきましても適切な製品のご提案を致します。また、月次レポート作成にあたっては、日次の解析で追いにくいトラフィックログから、不正と思われる通信先IPアドレスを個別に調査し、その結果もご報告いたします。

 

企業様のメリット


セキュリティ製品から出力される大量のログを自社でチェックする場合、高い専門性と多くの時間を必要とします。本サービスでは、専門のエンジニアが最新のセキュリティデータベースに基づき不正な通信のチェックを行います。
不正な通信を検知した場合には、調査結果と共に初期対応策をご提案いたしますため、日々の運用だけでなく緊急度の高い検知時の対応もお任せいただけます。

通常は月額でのご提供となっておりますが、まずは現状の状況をご認識いただくためのトライアル期間もございますのでお気軽にお問合せください。

 

お困りの点などございましたら下記フォームよりお気軽にご連絡下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)